BLOG

皆さんこんにちわ

競輪選手の鈴木謙二です




自転車ってどんなイメージですか?


ぼくが思う皆さんのイメージって

自転車=苦しい=足が太くなる
自転車乗ったら競輪選手みたいに足太くなっちゃうんでしょ?

って感じだと思うんですが、、、




自転車=ロードバイク=ツールドフランス

とある会社の市場調査では

こうでたらしいんです


そうなのかな😅


皆さんほんとのところはどうですか??
皆さんこんにちわ

競輪選手の鈴木謙二です
この自転車

かっこいいです

最高な一台です



つや消しのマッドブラック仕様で

付属品の

サドルカバーやらボトルゲージやらポンプやらも

全部ブラックで揃えてみました


全体が引き締まって見えますよね



単純に

ぼくがブラック推しなのもあるけど

洗練されて落ち着いたイメージに仕上がってます




こちらは

クロスバイクといって

主に街乗り仕様の自転車なんですが

200kmのロングライドにも対応できて

50000円台のバイクの中では最軽量クラス

初めての一台にピッタリな

コスパ最高バイクです

都会派スタイルにもストリートスタイルにもピッタリハマる

車輪なんかカスタムしたらもっと雰囲気変わりそうですね👍

車名
NESTO ネスト
LIMIT2 リミット2



自転車欲しいけど

自分のスタイルにピッタリなものがどれで

どこにあるのか?


自転車にはそれぞれドラマがあります

作り手の想い、、、

背景、、、

価格だけじゃない魅力

乗り手の想いを聞いてピッタリな自転車を紹介します

"自転車コンシェルジュ"

こんなこともできます
皆さんこんにちわ

競輪選手の鈴木謙二です



先日

初体験してきました


"営業"です


全く関わりのないところに

アポ取って行ってきました



家に帰ったら

はあぁ〜〜ああああああぁ

今までしたことないくらいのため息が、、、



自分の知らなかった世界を体験して

力を使い果たした気分になりましたね


皆さんいつもこんな勇敢なことしてるんですかっ!






そもそもなぜ

営業に行こうと思ったかというと



いてもたってもいられなくなったからです



だって

土浦に可能性を感じたんですもん!!



土浦が

自転車で町おこしをしようとしてるって

皆さん知ってました?

駅からすぐきれいに舗装されたサイクリングロードに出られて

駅にはコインロッカーやシャワーなんかも着いてるって

皆さん知ってました?



知らないですよね?

ぼくも最近知って

そんな魅力を発信するのに何か役立てたらなって思って

地域でいちばんブランド力のある企業さんに提案させてもらいました




いきなりのメールに

紳士に対応してくださり

総支配人と副支配人のお二人で対応していただきました



こちらはマネージャーとふたりで伺い

熱意を伝えましたが

営業の経験もなければ実績もなく、、、

こちらが提案することと

先方が望むことが

うまく噛み合わず、、、






今回に関しては

かなりいい経験をさせて貰いました

営業の経験

熱意ばかりでなく

相手の反応を見ながらこちらのギヤを変えていかないといけないこと


あっ


これも話せば

少しは笑いとれたかな

自転車選手なんだし




そして

普通に競輪選手という立場だけなら

お会いすることができないような方と話せたことは

本当にいい経験になりました



営業する側としては

まだまだ始めたばかりの

ひよっこ🐤



今回の経験を活かして

次に進もう




と思ったけど


次の日からのレースでは

どうやったらもっと上手くできたかな?

他に提案できることなかったかな?など

頭の中はそれでいっぱい笑

切り替えるの大変でした笑笑





皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です





皆さんは誰と人生を共にしていますか?






壮大な問いかけですね笑




人は

なんだかんだ

ひとりじゃ

生きていけないんですよね


自分ひとりでできることには限界があるし

やっぱり

誰かのためじゃないと頑張れないんじゃないかな




今、

自分が頑張れてないなって思う人は

その誰かを

見て見ぬフリを

しているだけなんじゃないかな?


はい、

僕のことです笑






あとはやっぱり

頑張ろうって決めたときに

誰かに背中を押して欲しいですよね


これからやろうって決めたときにほしいのは

やり方や

コツを教えてほしいわけじゃない


ただ

"一緒に頑張りましょう"

これだけじゃないかな


これから腹を決めて

頑張るってことに

共感してくれて

そんなあなたを

"全力で応援しますよ"

これがあれば

必ず頑張れる

パーソナルトレーナーは

この為にいるんです




細かい知識やコーチング力はあって当然


その前に

パーソナルトレーナーは

あなたを

全力で応援するためにいるんです📣





一歩先に踏み出して

その先へ歩もうとしているあなたを

全力で応援し全力でサポートいたします


その先へ

〜Rebeyond〜

ロードバイクでボディメイク

皆さんこんにちわ

競輪選手の鈴木謙二です



人に何かを伝える時

色々な伝達方法があると思います




ただ

伝える人に分かりやすく伝えることが大前提



パーソナルトレーニングでも一緒


特に

ぼくも含めて

アスリートの感覚は

伝えづらいし

伝わりづらい、、、



ここで
足をクイ!っとやって
パン!って蹴り出す感じ

わかんないですよね、、、



アスリート側も

自分が言っていることは

自分の中にある感覚を表現しているので

実際どこが

どう動いて

クイっとなってパンってなっているのかわかっていません



そんな感じでは

人に伝えることは出来ない



パーソナルトレーニング受けてもらう人に

100%を提供出来ない

そう思って

NASM(全米スポーツ医学協会)の

パーソナルトレーナー資格を取得しました




なぜ

数あるトレーナー資格の中から

こちらを選んだかというと

やっぱりフィットネスはアメリカでしょっ笑

てノリもあるけれど


パーソナルトレーニングメインの知識を学べ

新しく日本で始まった資格だったから

これから新しく始めるぼくと一緒だ

そんな感じで勉強し取得しました





元々大学は体育学科だったので

基礎知識はあったけど

もう一度

しっかり学ぶことによって

トレーナーとしても

またアスリート(競輪選手)としても

ステップアップできました




早くぼくの感覚を

あなたに伝えたい👈




必ずあなたの理想の体にしてみせますよ



自転車(ロードバイク)を使って理想の体に

他にはないロードバイクパーソナルトレーニング


Re(再び)Beyond(その先へ)

Rebeyond〜リビヨンド〜
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です




迷ったときや

新たなことにチャレンジするときや




やってみないとわからないときや

結果がどうでるかわからないとき

ありますよね



それは

仕事で新しい案件に挑戦するときであったり


または子育てなんて

毎日が新たな挑戦だらけですよね




新たなことにチャレンジするときや

結果がどう出るかわからないときって

めちゃくちゃ不安になりません?





でも皆さん安心してください




皆さんよりぼくは不安に感じやすい体質なんですよ





アスリートなんだから余裕っしょ






そんなノリ





1ミリもありません
↑競輪業界用語






最近のぼくは

レーススタイルを

変化させようとしています





フィジカル勝負から

テクニック勝負へ





だからといって

フィジカルありきのテクニックなのを

間違えちゃいけませんが



なんのことかわかりませんよね笑






とにかく




今まで

やったことのない

レーススタイルで戦おうとしています




やったことがないから


戦えるかわからないし

結果がどう出るかわからない


めちゃくちゃ不安になります






大敗するかもよぉ?

怪我するかもよぉ?

お客さんから(選手からも)ヤジられるかもよぉ?

やっぱりやめた方がよくない?

前と同じスタイルで戦おうよ





そんな声が





腹の底から湧いてきます




悪魔の囁きってやつですね




ぼくは

皆さんより

メンタルが弱いから

囁きに

耳を傾けてました



前と同じスタイルで戦って

ダメでも

周りは何も言わないからいいや



そんな風に

自分を納得させようとする自分がいました



色んな考えが

浮かんでは消え、、、

浮かんでは消え、、、

ブレブレになりそうな自分に対して、、、



最近は
ハラを右拳で👊👊👊



浮ついてる心と体を

一点に集めるために右拳でハラを👊👊👊


ごちゃごちゃ考えたってしょーがねぇもともとメンタルよぇんだし器用でもねんだから今できることハラ決めて集中しろやっ!!!

ハラを決めます👊👊👊

そしてレースに向かいます




クラシックなやり方だけど

僕にとっては効果絶大👊👊👊




結果まだまだついてこないけれど

やってみたいと

いつまで経っても同じまま

同じところを

ぐるぐるまわってるだけ



ハラを決めて

次の一歩を踏み出せば



また

新たな課題が見える




ハラを決めたその先(beyond)に見えるもの



ハラを決めないと見えないもの





必ずあなたにとって

大切なものですよ


皆さんこんにちわ

競輪選手の鈴木謙二です



皆さんにはダイエットの目標をマイナス○kg

など数字を目標にしていませんか?

もちろんそれは大切なことです


でも

数字を目標にしてしまうと

ここまでに○kg痩せなきゃ

これを食べると振り出しに戻っちゃう

などなど

常に

プレッシャーに押される状態になってしまいます



そうなると

精神的に辛くありません?

楽しくないですよね?

ていうかつまらない



そして目標が数字だから

達成したら終了、、、





結局ダイエット、、、




なんだったんだろ




前の生活に逆戻り



せっかく目標達成したのに

なんだか

あんまり達成感ないな、、、





よくないですね




では

こうならないために

どういった考え方で

ダイエットするのがいいのか





それは

目標(数字)の先にあるものに目を向けることです

数字はあくまで過程であって

その先にあるものを目標にすることです




それを

ベネフィット(恩恵)といいます






数字を達成できたら

ジャケットバシッと決めて

奥さん(彼女)と

ドレスコードがあるようなレストランに行き

しっかりエスコートして席へ導き

シャンパンで乾杯


数字を達成できたら

広いホールで

ひとりスポットライトを浴び

左手にマイク

右手はしっかり握り締め

1000人のお客さんを前に

堂々と講演する



先輩??

なんだか最近かわりました???

そんなことねーよ

笑笑





そんな姿を想像したら

ワクワクしてきません?





どちらも

自信に満ち溢れた姿を

想像できるはずです





これだと

ダイエット中も辛くないですよね?

常に

高いモチベーションを保っていられます





これが

ダイエット成功の秘訣です



ダイエットした

その先にあるものにしっかり目を向ける



想像力をフルに働かせて

未来の自分を想像する

これが出来れば

必ずダイエットは成功出来ます




そして

パーソナルトレーニングRebeyondは

名前の通り

あなたの

その先(beyond)にあるものを

掴み取るお手伝いをいたします



何回か挑戦したけどだめだった

もう一度(Re)始めて(start)みませんか?


パーソナルトレーニングRebeyondです👊
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です

皆さんはファスティングはもう試しましたか?



ぼくも最近試してみました




ファスティングとは、、、

簡単に説明すると"プチ断食"です





人は普段常に食事(栄養)を摂っていて

体の消化器系は常にフル回転

体に良いもの、悪いもの

起きてすぐだったり、寝る直前だったり

ほぼ24時間体制でフル稼働させています




自分は寝てるくせに

休んでるくせに

内臓は休ませてあげない




残酷な話じゃありませんか?




例えるなら

社長が遊び呆けてるブラック企業??




今やコンビニも24時間営業を見直し始めています




ぼくらも

内臓休ませてあげましょうよ





それにはファスティングが一番

やり方は

朝起きて

夜寝るまで

食事は摂らない




カラダの

内臓(生産工場や処理工場)を

ストップしてあげる





自ら体験した感想としては



凄く良い




ただ

ぼくはスポーツ選手で

トレーニングはするから

麦茶(ミネラル)と

ひとつまみの岩塩(塩分)

これだけは摂りました




ただ

トレーニングすればお腹はすくし

朝昼晩

体内時計はしっかり

空腹のサインを送ってきます

この時間を

リラックスして

食べ物の事を考えずに過ごせば

以外に苦しくはありません




でも最後の最後

夕飯の時間を過ぎたあたりから

手足の先がピリピリしびれ出しました


これは

筋肉に貯蔵していた

グリコーゲン(エネルギー)を

使い果たしたサインかな

貯蔵エネルギーがないから

脂肪をエネルギーに切り替えるサインかな

そう思って寝ました


朝は以外に

お腹空いた〜

ではなく

すっきり起きれた


散歩して

せっかくリセットして

ゼロの状態になったんだから

体に良いものを

少しずつ

優しく入れてあげたい

そんな風に思いました



なので

散歩後の朝食は
玄米雑穀ご飯に減塩味噌汁に

たまご屋さんで買ったたまごの目玉焼き



染み込む染み込む〜




最高の朝食になりました




補足として

一日のファスティングによる体重の変化はあえて書きません

それは一過性のものであり

そこに注目してほしくないから


それより

ファスティング後の

気持ちやカラダの変化を

ぜひ体験してほしい

新品の自分に生まれ変われますよ


時期としては

休日の前日にやるのがお勧め

休日をスッキリ起きることができるし

優しい気持ちで休日を過ごすことができます



そうすれば

また仕事に気持ちも

違いますよね

試す価値ありです☺️



マネージャーの柳川です。
本日は柏の葉公園にて自転車トレーニングを行いました。
初めてスポーツタイプの自転車に乗るということで不安な様子も見受けられましたが、鈴木が自転車の乗り方から操作方法まで手取り足取りレクチャーしました。
すぐにコツを掴んだようでそれからは楽しそうにロードに出ていきました。

1時間後、、、
楽しそうに走りにいったのも束の間、柏の葉公園外周を回ることで15キロも走ったようです。
さすがに疲れた様子でしたが、クールダウンも行い晴々とした様子で本日の練習は終了しました。

帰ってから体重を測った所、目に見える変化があったようで喜びのメッセージもいただいております。
残り1ヶ月半、この調子で頑張って参りましょう!
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です




競輪選手=脚が太い

自転車=脚が太くなる



こんなイメージありませんか?

今回は

その事についてお話します




結論から言うと

自転車トレーニングで脚は

太くも

細くもなります




というか

どちらにもできます




なぜか?





ではまず

何で競輪選手の脚は太いのか?



それについてお答えします




トレーニングの基本は

1.安定性持久力
2.筋持久力
3.筋肥大
4.最大筋力
5.筋パワー

こちらの

5つのフェーズにわかれています




この中の

どのフェーズを狙ってトレーニングするか



これによって

結果・成果は変わってきます





競輪選手のトレーニングは

3.4.5

このフェーズを主に取り入れています



筋肉を大きくして

出せるパワー値を大きくしていく



高負荷で

一瞬のパワーをあげるトレーニングです




自転車のギヤを重くして

一気にトルクをかけて

高スピードにあげる

このようなトレーニングだと脚は太くなります




逆に

自転車では脚を細くすることもできます


フェーズの1.2

安定性と持久系を狙ったトレーニングで

あまり体に負荷はかけずに

一定をキープする



自転車に楽に長くゆっくり

お腹まわりを意識して

バランス良く自転車に乗る




こちらのトレーニングを行えば

スラッとした

おしりから足にかけて

キレイな脚に仕上がります




軽いギヤで

ゆっくり乗るのは



筋肥大はしません

脚は太くなりません




ロードバイクで

適度に前傾して

お尻まわりに

適度にストレッチを効かせてあげれば

さらに美脚効果があがります





ウォーキングやジョギングだと

到底たどり着けない

そんな距離も

腰や膝に

余計な負荷をかけずに

たどり着くことができます




今日はあそこまで行ってみよう

次はもっと遠くまで行ってみよう




そうしているうちに

体はどんどん変わっていきます

ステキじゃありませんか🎵




以上が





自転車で

脚を

太くも細くもできる理由です






イメージだと



どうしても

脚が太くなるイメージを

思い浮かべてしまいますが

しっかりしたトレーニング方法で

どのフェーズを狙うのか

はっきりすれば

自分の理想の体を作ることができます




ぜひぜひオススメです

皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です




今回のテーマ


すごく大事な事だと思います




だけど

何かを言い訳にして

ついつい後回し、、、

なんてこと

皆さんはありませんか?




ぼくは


どっちかというと

後回しにしてしまう派、、、


でした




やろうとしていること

やらなきゃいけないこと

ひらめいたこと

思いついたこと

調べてみたいこと

ひとから薦められたこと





ご飯食べてからやろう

夜やろう

明日やろう

次のレース走ってからやろう





いろんな言い訳をして




なかなかやらない





メモも取らないから

ひらめいたこと

ひとから薦められたこと



忘れちゃいます




大事なことだったんだけどな~

まぁいいか

また思い出したときにやろ




結局

思い出しても

また後回しにして

やろうとしない



最悪ですよね




それじゃ

いつまでたっても

先に進まない

先に進めない



こんな自分が嫌になって


すぐにやる



そう決めて

物事に取り組んだら

なんだか

いい方向に

転がり始める




もちろん

悪いほうに

行くときもありますよ




でもそれも

すぐにやってみないと

分からなかったこと




良くも悪くも

経験を積むには

すぐに行動するしかないんだと思います






言いたくないな~




これ言ったらオヤジって言われるんだろうな~





でも言わずにはいられない






いや言っとかないと






いつやるの?今でしょ☝️
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です



皆さんの

競輪選手のイメージ

どんな感じですか?

なんとなく

近寄りがたいイメージを

お持ちではありませんか?
そんなことないよって

言ってもらえると嬉しいですが



そこで



ぼくなりに

近寄りがたい原因を

分析してみました





ここでは

競輪選手と知らず

様々な場面で遭遇したことを想定します





その前に

競輪選手の特徴をご紹介しておきます





まずは

なんと言っても

脚が太い





ただ

それだけでは

近寄りがたい雰囲気には

なりませんよね





脚が太いプラス



他の条件が積み重なることによって

近寄りがたい雰囲気が出てるんじゃないか



そう思っています





次に

ヒゲがはえてる




これは

ぼくの個人的な意見ですが

多いような気がします





脚が太くてヒゲがはえてる



少し近寄りがたい雰囲気が

出てきたのではないでしょうか





次は

全身キズだらけ




自転車で転ぶと

打撲、骨折、擦過傷(擦り傷のでかいやつ)etc

ただでは済みません



打撲はアザになって残り

骨折は

場合によっては手術で

手術跡が残り

擦過傷は

やけど跡のようになって残ります



全身キズだらけです




格闘技もケガをするし

素晴らしいスポーツだと思う

でも

こんなにケガ跡は残らないんじゃないかな





以上



脚が太い

ヒゲがはえてる

全身キズだらけ





この3要件が

競輪選手を

近寄りがたい雰囲気にしている原因だと

ぼくは思っています

逆に言うと

この3要件を充たしているひとは

競輪選手です(たぶん)




もし


こんな人が隣にいて

ましてや

温泉やサウナだったら

ぼくなら避ける

間違いなく






でも

みんなとってもいいひと😊

この3要件を充たしたひとに会ったら

ぜひ

話しかけてみてください








むりか笑