BLOG

皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です



5月23日

高田純次さんの「じゅん散歩」で先日走った川崎競輪のレース映像が放送されました!

じゅん散歩とは•••
高田純次さんが色々な街を歩きながら紹介する番組です
散歩途中に見つけた名物や有名スポットを紹介していて


「川崎東口」回で川崎競輪場に行き

そこでレースの車券を買ってみるといった流れのなかで

まさかのぼくが走るレースを購入!

だれを買うかで悩んだ結果、、、

仕事でお世話になってるキタノタケシさんと笑

ぼくの登録地が調布で高田純次さんも調布出身ということでぼくたち2人の車券を購入

レースの方は↓
赤の3番がぼくで

苦しい展開でしたが
まさか1着っ!!

高田純次さんの車券に貢献できた!



と思いきや


2着が外れていたのでちーーーん、、、


何はともあれ

全国ネットの

あの「じゅん散歩」に出られたことは

一生の思い出になりました😊
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です



すっかり春の陽気に包まれた今日4月9日🌸

今年1発目のサイクルイベントを千葉県我孫子の手賀沼にて開催しました!!



今回も去年と同様の立ち漕ぎスキルアップメインの内容でした

ロードレースの世界ではダンシングといいますね

ダンシングにも色々な種類があります

トップスピードを上げるだけでなく、スピードを維持しやがら休むダンシング

これはヒルクライムには必須のスキルですね




ぼくの考えるダンシングのコツは


ズバリ前輪加重です








前輪加重するためにはどうしなければいけないのか

ハンドルの持ち方は?体のポジションは?





競輪とロードバイクは違うでしょ?




そう決めつけずに一度体験してください

目からウロコを2枚でも3枚でも落として見せます👊

パーソナルトレーニング
rebeyondリビヨンド
は無料体験も受け付けております

ホームページの無料体験お申し込みフォームよりお問い合わせ下さい


※今回はL’ottimo(オッティモ)さんご協力頂きました

オッティモさんは千葉県柏市にあるサイクルショップです
千葉県 柏市 根戸 469-18 こまいぬビル1F

ぼくは競輪選手になる前にこちらの練習会に参加していました
初心者から上級者まで幅広く満足する商品ラインナップでメンテナンスなども丁寧に対応してもらえます

お近くの方はぜひ
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です


先日自転車公認コーチを受講したことは書きましたが

そこで一緒に受講した先輩と同じレースを走ってワンツー(1着2着)を決めることができました😊✌️

ちょうどこのレースの直前に公認コーチの合格通知が来たので

会った瞬間に合格した?!って話しになりました

もちろんふたりとも合格しましたよ💮



これで今年3勝目👊

1着はご褒美みたいなものだけど

今年はいいペースだな〜♪
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です

長かった冬がようやく終わり春が近づいてまいりました!

そこでっ👆

やりますサイクルイベント!!!!
千葉県手賀沼サイクルイベント!

今回もスプリント、ビギナーの2クラスをご用意しております!

スプリントクラスは立ち漕ぎのテクニック🚴‍♂️

ビギナーはロードバイクの楽しさ発見✨


暖かくなるこれからのシーズン!!

自転車を目一杯楽しみましょう💪💪💪💪💪

パーソナルトレーニングrebeyond(リビヨンド)はロードバイクを使ったパーソナルトレーニングです!
ロードバイクのスキル向上はもちろん、ダイエット、機能回復、老化防止、他競技力向上にもフォーカスいたします!

ホームページのお問い合わせフォームより無料体験も行っておりますのでぜひ一度ご連絡ください😊


皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です


この度、パーソナルトレーナー資格のNASMーCESに合格しました😆🎉

この資格は、
NASM=全米スポーツ医学協会が発行している
CES=CORRECTIVE EXERCISE SPECIALIST(コレクティブ エクササイズ スペシャリスト)の略称で
”解剖学、運動学、バイオメカニクスの理解を活用して、身体の不均衡や代償動作に対処、修正し、トレーニング中や日常生活における運動の全体的な質を向上させることができるようになり、
姿勢、バランス、および全身の協調の問題につながる不均衡や誤った動きのパターンの根本原因を評価・特定することができるようになります”


難しい言葉が並んでいますが😅
カラダのバランスが悪い時(腰痛、肩こり、膝の痛み)などの場合に原因がどこにあって何をすれば改善されるかをアドバイスできるようになるということです😊

アスリートに対してはさらなる競技力アップのサポートを!
前傾ポジションをうまくとるために必要なのは足首の柔軟性不足か大腿四頭筋の筋力不足なのか

すべての人に対しての機能改善のサポートを!
膝が痛くなってしまうのは膝が内側(外反)してしまうのが原因なのか外側(内反)してしまうのが原因なのか

さまざまな代償運動に対して
抑制→伸長→活性→統合
という流れを通して対処します!!

固まっているところを(トリガーポイント)を抑制(リリース)してあげてから新しく正しい動きを再訓練して本来の体の動きに戻して行きます

競技者あるあるですが自分では正しいと思っていた体の動きや使い方が、実は効率の悪い動きでそのために体の様々な箇所に代償が出てしまいます

頑張っても頑張っても結果が出ない、、、

ぼくも今回この資格の知識で自分の体の動かし方の間違いを何箇所か見つけることができました!!✌️

皆さんにもぜひ知っていただきたいっ!!

特に自転車は代償運動が出やすい競技です

自転車を効率よくうまく早く進ませるためにはどうすればいいか

一度ご相談ください😊

お問い合わせはホームページ無料体験申し込みフォームからどうぞ

パーソナルトレーニング”REBEYOND” リビヨンド
千葉県柏市を中心に活動している競輪選手鈴木謙二による自転車に特化したパーソナルトレーニングです

特定のジムはございません
お客様のご要望に合わせて、バイクトレーニング・ジムトレーニング・オンライントレーニングなどを行います

今の自分のその先へ、、、

お問い合わせお待ちしております

皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です

名古屋競輪場にて自転車公認コーチの実技講習を受けてきました✌️


自転車公認コーチとは?

これを持っているからといっていきなり何者かになれるわけではありませんが

UCIや国体などのレースに出場するチームの関係者は取得してなくてはならないもので
現代のコーチング哲学や方法、栄養からドーピング、トレーニングまで幅広く勉強します

現時点でどこかのチームの監督をする予定はありませんがパーソナルトレーニングをする上で重要なスキルだと思って受講をしました



自転車競技には競輪のほか、
ロードレース
マウンテンバイク
BMX
シクロクロス
サイクルサッカー、、、
その他にも様々な競技があって各競技のコーチ、現役など色々な方が受講されていました

その中で競輪選手からはぼくと茨城支部の木村貴宏さんのふたり
※ふたりで示し合わせたわけじゃなく偶然一緒になりました



木村さんは他の競技特性やトレーニング方法など積極的にコミュニケーションとっていました😊

見習いたいですね!!

今回の学びをパーソナルや自らの競輪、その先の何かに繋げられるようにこれからも学び続けていこうと思います!


皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です


2022年明けましておめでとうございます㊗️

気持ちもあらたに2022年をスタートさせたいと思いますっ!

去年はサイクルイベントを開催して色々なお客様と出会うことができました😊

競輪選手としては戦い方を変えて自分のスタイルを模索する一年でした

ぼくとしてはパーソナルを始めるにあたって始めた勉強がお客様だけでなく競輪にも活かされ今までもやもやしていた部分が理論的に理解できるようになった一年でした!

今年も競輪、パーソナル、イベント、走り方教室

まだまた自分にできることを模索して行きたいと思います!!

今年もどうかよろしくお願いいたします😊
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です


12月25日、千葉県手賀沼にてパーソナルトレーニングの体験をしていただきました😊
パーソナルトレーニング"rebeyondリビヨンド"では様々なご要望に合わせたトレーニングレッスンをご提案しています

お客様の全てのお悩みを自転車を使って解決いたします💪

•ダイエット
•機能改善
•自転車スキルアップ
•他競技の競技力アップ(陸上競技などなど)



今回は自転車競技力アップのご相談⤴️

特にヒルクライムスキルを身につけたいというご相談

とても向上心のある方でした😉



始めは緊張しているご様子でしたがコミュニケーションをとりながらのライドで最後は和やかな雰囲気で終了🚴‍♂️🚴‍♀️

ポイントもしっかりお伝え出来たと思います


パーソナルトレーニング"rebeyond"はサイクルイベントの他パーソナル体験も行っています!

しかもパーソナル体験の方は「無料」となっていますのでぜひ一度お問合せください

応募フォームは鈴木謙二公式ホームページにご用意しております


お問合せお待ちしております!!!!

皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です



2021年現在

わたくし鈴木謙二は36歳であります



あまり年齢を気にしたことはありませんでしたが、

つい最近

自分もこんな年齢になったのか

と思う出来事がありましたので書きたいと思います



ちなみに全くネガティブな内容ではございませんのでご安心ください笑





あるレースでの出来事

自分のレースに向けてウォーミングアップをしているときでした


走り終わった20代の選手が帰ってきて

なにやらアツくなっている様子。。。🔥


どうやらレース内容に納得いってない様子。



「どうすれば良かったんですかね?」


そんな話しがありました


まさかぼくにそんなことを言ってきてくれるとは思わずに少し戸惑ってしまいました

今までアドバイスを受けることはあっても

アドバイスをする立場にはなったことがなかったので

正直どう答えていいものか、、、



彼自身でレースの組み立てを考えて挑んだ結果、彼の予想を上回る出来事が起こってしまい対応しきれなったという印象のレースだったんですが
これが誰が悪いわけではなく
まさしく”生きている”レースだからこと起こりうるイレギュラーな出来事に対してまだ経験が追いつかなかった

そんなふうに感じた僕ですが



その感想をどう彼に伝えようものか、、、



皆さんも悩みますよね😅

若手へのアドバイスの仕方




上から目線でもいけないし

悪いところをスバっといったところでそれが正解とは限らない




今までそんなことで悩まなかったのに

これが僕なりに世代交代というか

自分が年齢を重ねたんだなと思った瞬間でした



皆さんならどんな対応をするんですか??


経験が少ないなりに

ぼくがまずしたことは

彼がやりたかったことに対して共感してあげること

レースの組み立て自体に正解はないわけですから

何をやっても、たとえそれが失敗しても経験となって蓄積していくので

彼のレース内容に間違いはなかったと

頑張ったことを認めてあげることから始めました
(上から目線になってないか最新の注意を払いながら)

そのあと強いてゆうならばこのポイントだけのがさないほうがいいよというところを伝えて

そのあと良かったところを5つあげるようにしてみました

悪かったことよりそのレース良かったイメージの方が残るように

次レースに挑む際にネガティブなイメージが残らないように



自分がそんな立場になるなんて

今まであんまり考えたことなかったなー

彼がぼくの説明で納得してくれたかどうかはわかりませんが、、、



今回の内容

皆さん共感してもらえましたか?
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です


申し訳ありません




明日(11月20日)の手賀沼ロードバイクイベントは中止となります。

理由は今日のトレーニングにて怪我をしていまい、イベントを開催できるコンディションではないと判断して中止を決断しました

申し込み頂いていた方には申し訳ない気持ちでいっぱいです

原因は前回投稿したロードトレーニングで脚がつってしまったことにあります

回復が万全でないまま次のトレーニングに移ってしまい、

結果さらにハムストリングスを痛めてしまいました

プロとして自分のコンディショニング管理が出来ておらず言い訳もできません




次回は万全の体勢でイベント開催できるよう努めてまいります











しかし痛い、、、

皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です



今年もこの季節がやってきました💀
こちらの写真のように脚がつってしまいます


内腿の真ん中あたりがありえないくらい凹んでいるのが写真でお分かり頂けると思います

これになると想像を絶する痛みが襲ってきます



因みにこの凹んでいる部分
おそらく大内転筋の停止部と思われます

内転筋と言うのは内腿の筋肉で骨盤から膝の上あたりまでに付いている筋肉です
※細かくは
大内転筋、短内転筋、長内転筋など様々ありますがここでは省略

自転車を漕ぐというのは大まかに脚の上下運動です

脚の上下運動の最中体幹(骨盤まわり)を安定させるためにこの内転筋が働きます

これが寒さにより動きが悪くなったり、骨盤を安定させるために過剰に働いてしまったのが原因と考えられます

凹んでいるということは過剰に筋肉が収縮しているということですから屈伸などをして伸ばしてあげればいいんですが、ぼくの意思(腦)と反して筋肉が勝手に収縮しているので屈伸するのにぼくの意思(腦)と体(筋肉)が繰り広げられます😂

なんとか意思が勝って屈伸するんですが伸ばした途端、体が有利になって異常に凹んで激痛⚡️

この繰り返し、、、

内転筋の使いすぎによるオーバートレーニングが原因の一部だと考えられますが

もう一つは自転車のセッティング🚴‍♂️

サドルが高めだとペダルの下まで踏み込んでしまい結果骨盤まで上下運動をしてしまい、骨盤を無理に安定させようとして内転筋を過剰に使ってしまうのではないかと考えられます👆


解決法は2つ

1.サドルを低くして骨盤の動きを最小限に抑える

2.内転筋をしっかりトレーニングしてつらない筋肉を作る

ぼくとしては2がおすすめですね🙂

セッティングでの解決は根本的な解決にならないような気が

しっかりした体を作って自転車に乗る🚴‍♂️

これが一番にやること!!

パーソナルトレーニングrebeyondはトータルで自転車、ロードバイクのトレーニングを行います!

体に悩んでいたり、セッティングに悩んでいたり、、、


ぜひ一度ご相談ください😊
皆さんこんにちは

競輪選手の鈴木謙二です


競輪ファンの皆さん、そして選手の皆さん

競輪の勝ち方知ってますか?

それはズバリッ!!

"運"

です👊



え?

フィジカルとか

テクニックとか

サプリやらケアじゃないのって感じだと思いますが


それらはこの"運"を掴み取るために必要な要素で

これがあるから勝てるってわけじゃありません



だって

みんな勝ちたいし勝つために色んなことをやってます
※ときにはいけないこともやってみたり笑


自分に"運"が向いたときに

確実に掴み取れるようにフィジカル、テクニック、栄養、ケア、、、

さまざまなことをして準備しておくわけです




さらに言うと

優勝なんてもっと"運"

さらに優勝までドラマをどれだけ作り込めるか


これが鍵




これは予選、準決勝の戦い方のこと👆

楽して勝ち上がったんじゃ決勝で"運"は向きません

苦しくても"運"が向く内容のレースをしなきゃなりません

ドラマも単調なシナリオじゃ終わりもつまらないですからね😝

小説なら読んでてつまらなくて辛くなるくらい笑



このドラマをどれだけ作り込んで"運"を味方につけられるかが勝負!!






はい、





ドラマの作り込みが足りませんでした💧
↑黒の2番がぼく




今回のお話はあくまでぼく個人の見解です🙂

皆さんのご参考までに